工場紹介

当社は、山形県酒田市から全国へ『おいしい高品質商品』を提供している会社です。

昭和58年の創業当初より『食品とは体に優しく、自然と一体でなければならない』と考え、保存料・着色料・化学調味料を使用しない『無添加』製法で、そして、より安心していただけるように『国産肉と国産野菜』にこだわった商品づくりをしています。

ハンバーグ

国産牛肉、国産豚肉を使用し、スパイス調味料は控えめに、保存料、着色料、科学調味料等を使用せず、体にやさしく、心においしい、本格ハンバーグです。

1.原料準備

製造するその日の朝に原料の肉を挽き肉にします。
材料の鮮度が味を決めます!
作業時に目視検査を徹底して異物混入を防ぎます。

2.攪拌(かくはん)

挽き肉にした原料に、ソテーした玉ねぎと調味料等を入れ、ミキサーで混ぜ合わせます。
絶妙な練り時間で仕上げます。

3.成型

ミキサーで混ぜ合わせたハンバーグのタネを計量し、一つ一つ丁寧に形を整えプレートに並べます。
(写真は「シェフ直伝ハンバーグステーキ」の手ごね作業。人の手で空気を抜きながら形を整えていきます。)

4.加熱(オーブン)

高温のジェットオーブンでこんがりと焼き上げます。1つのハンバーグを作るのに約1.5倍の原料を使用し、余分な脂を落とし、旨味を凝縮させます。
焼きあがったハンバーグは、ふっくらジューシーに!

5.包装

焼きあがったハンバーグを急速冷凍し、旨味をハンバーグの中に閉じ込めた後、一つ一つ丁寧に袋詰めしていきます。

6.真空

袋詰めをした後は、真空包装機でパックをして、出荷されます。

つくね

国産若鶏・国産玉ねぎを使用した照り焼き風味のつくねです。
種類は6種類あり、定番のプレーンに加え、しそ、生姜、ゆず、藻塩、野菜つくねと、いろいろな味を楽しめます。
お弁当やおつまみにぜひ!

1.成形

ミンチにした鶏肉に、国産の玉ねぎと調味料を加え、ミキサーで混ぜ合わせたタネを、成形機でつくねの形にします。

2.加熱(フライヤー)

成型されたつくねをフライヤーで、揚げていきます。

3.串刺し

揚げたつくねは串刺し機で串を刺していきます。

4.タレ付け

串に刺したつくねは特製のタレにつけて、一つ一つ丁寧に袋詰めをしていきます。

チャーシュー

国産豚の肩肉を自社特製タレでじっくり煮込みました。
余計なものを一切使わず素材の持ち味を最大限に引き出した本格チャーシューです!

1.原料成形

国産の豚肩肉を、一つ一つ成形していきます。原料の形状に合わせてブロックにし、赤身と脂のバランス見ながら大きさを合わせていきます。一つの塊肉から取れるチャーシューは、わずか30%ほどです。
残りの部分をハンバーグや肉だんごなど、他の商品にくまなく使うことで、全体のバランスをとっています。

2.糸巻き

成形したチャーシューは、1本1本、手作業で丁寧に糸で巻き形を整えるとともに、食感を良くします。

3.加熱(ボイル)

糸を巻き終わったチャーシューは、窯で沸かしたお湯に入れて火を通します。
生姜と一緒に煮ることで、くさみを無くします。

4.味付け

最後に自社特製のタレを窯に入れ味付けをしていきます。中心までしっかり味がしみ込んだら完成です。